CLICK!>>【1000円以下】ラベンダー日焼け止め一覧|各メーカーの特徴をまとめました
スポンサーリンク

オールインワンゲルのモロモロが出る理由と対策。おすすめ商品を紹介

美容・スキンケア

今や時短だけでなく、成分や肌への優しさを追求したものも多いオールインワンゲル。

機能性が多いものも多く、一つは持っておきたいオールインワンゲルですが、気になるのが消しゴムのカスのようなモロモロが出るものがあるという事!

  

こだわりの成分が入っていても、忙しい朝にモロモロが出てしまうと途端に使う気が無くなってしまいますよね。

 

でも、成分選びや使い方である程度モロモロのは回避できるんです。

モロモロの原因は肌に馴染み切らなかった成分が塗るときの肌摩擦でゲルが固まってしまうこと。なので成分選びと正しい使い方が肝心です。

  

  • あのモロモロって何だろう?
  • 原因はなに?
  • モロモロが出ない方法はあるの?

 

今回の記事では、オールインワンゲルのモロモロの原因と対策について書きました。
記事の後半に、モロモロが出ないオールインワンゲルも紹介しています。

購入前に成分をチェックし正しい使い方をすることで、モロモロからのストレスも軽減されますよ。

  

オールインワンゲルのモロモロの正体はカルボマー

オールインワンのモロモロ対策

オイルインタイプやクリームタイプなどあるオールインワン。中でもゲルタイプはプルプルしてて気持ちいいんですよね。

実はこのプルっとしたテクスチャーを作り出しているジェルの成分「カルボマー」はモロモロの原因。

カルボマーは肌に残った汗などの塩分と混ざることでモロモロが発生しやすくなります。

 

ゲルという特性上、入っている成分で肌への刺激も無いのですが、やはりカスが出てくるとストレスです。

ゲルを使う時に取る量が多すぎたり、塗るときにこすり過ぎると起こります。馴染まず肌に残ったジェル特有の成分が指の摩擦によって固まってしまい、モロモロとカスが出るんです。

とにかく、こすらない・たっぷりつけないというのが大事。

  

モロモロ対策:手持ちのゲルを気持ちよく使う方法

オールインワンゲルモロモロ

買ってしまったオールインワンゲルにモロモロが出てしまった場合、何とかモロモロを回避しつつ使いたいですよね。

モロモロが出にくい使い方を紹介します。

  

モロモロ対策①塗りすぎない

ゲルの量が多すぎると、それだけ肌で余ったゲルが固まってしまいモロモロが出てきます。

オールインワンゲルは、塗ってすぐにペタペタと感じるものもあり、それを保湿力が足りないと思って量を追加しがち。

肌の上に余分なゲルを残さないために、推奨使用量を守ります。

基本的には重ね付けはNGですが、気になるなら優しくハンドプレスで馴染ませます。

  

モロモロ対策②こすりすぎない

オールインワンゲルはマッサージするように馴染ませてしまうと、ぽろぽろ取れるピーリングのようにモロモロが出てきてしまいます。

そもそもモロモロが出るほど肌をこすってしまうのはお肌を痛める原因になります。

マッサージはせずに、肌に伸ばしたらハンドプレスするように肌に浸透させます。

   

モロモロ対策③時間を空ける

オールインワンのモロモロ

オールインワンを塗った後にメイクをしたり、ちょっとクリームを足してみようかなと言う場合はしっかり時間を空けるようにします。

手にとったらマッサージするように馴染ませるのではなく、ハンドプレスで押し込むようにするのがおすすめ。

体温で馴染みも良くなります。

  

メイクとの相性

オールインワンゲルモロモロ対策

オールインワンゲルと化粧下地

朝、メイクをした時にだけモロモロが出る場合、化粧下地やファンデーションとの相性が悪いのかも。

ゲルの成分にも使われていることがあるジメジコンは化粧下地やファンデーションにも使われています。オールインワンを塗った後に下地を塗ることでお互いが混ざり、モロモロが出やすくなるんです。

特に、ジェル系テクスチャーの下地やファンデーションはモロモロが出やすいので注意。

 

オールインワンゲルとBBクリーム

また、BBクリームは時短×時短でオールインワンゲルと一緒に使う方多いですが、モロモロの出やすい組み合わせ!

ちなみにオールインワンゲルにもBBクリームにも乳液やクリームの働きがあるので、お互いの油分も過剰になり、崩れの原因にもなるのであまり相性が良くないです。

 

オールインワンゲルとリキッドファンデ

リキッドファンデを塗る場合は、スポンジや指で必要以上に摩擦を作らないように気を付けます。

 

コスメの組み合わせを変えてみる価値あり!

メイクの時にだけモロモロが出るという場合、手持ちの他のアイテムで試してみるのがおすすめ。

化粧下地やファンデーションとの相性でモロモロが出ている場合があり、組み合わせを変えてみる事によってモロモロが出ないこともあります。

まずは手持ちの他のアイテムで試してみて、合うものを探してみるのも良いかも。

   

対策
  1. ゲルを塗ってからメイクに取り掛かるまでは少し時間を空ける。
  2. 手持ちの他のアイテムで試してみる。
    (化粧下地やファンデーションとの相性でモロモロが出る場合がある)

 

モロモロが出にくいと評判のオールインワンゲル

出来るなら初めからモロモロの出ないものを選びたいですよね。

ネットでモロモロが出にくいという口コミが多かったオールインワンゲルをピックアップしてみました。

 

おすすめ:ビューティモール フラーレンオールインワン

オールインワンのモロモロ対策


ここ最近使った中で一番好きなオールインワンゲルです。

マッサージや美顔器、メイク前にジェルパックなど塗りたくるほどに使っていますが、モロモロが出たという事は一度もありません♪

フラーレン・APPSなど配合されていて、お手軽ケアとしてではなく、成分で選びたい方に特におすすめ。

毛穴やハリに!フラーレンオールインワンならラメラリッチジェルの記事で詳しく書いています♪

商品販売ページ
>>BMフラーレンオールインワンラメラリッチジェルFATCC

  

ラクトフェリン ラボ LLモイストリフト ジェルセラム

 

初乳に多く含まれるとても栄養価の高い成分ラクトフェリンのオールインワン、LLモイストリフト ジェルセラム。

モロモロが出たり、肌にもったりと残ってファンデがうまく乗らないなんてことが無い使用感の良いジェルです。
 

キレイ・デ・ボーテ プラセンタジュレ


馬プラセンタ馬のサイタイエキス馬油といった国産馬3成分を組み合わせたオールインワンゲル♪

93.9%の方が「使って良かった」と回答した人気オールインワンです。

商品販売ページ
>>オールインワンならではの悩みも解決☆【キレイ・デ・ボーテ プラセンタジュレ】 

クリームやローションならモロモロが出ない

オールインワンゲルのモロモロの原因は、ゲルのテクスチャーをつくるカルボマーが原因。つまり、オールインワンクリームやオールインワンローションならモロモロが出ないものがほとんど。

コンシダーマル スキンライズローション

モロモロの出ないオールインワンゲル

世界40か国で特許を所得しているラメラテクノロジーを使い、成分を肌と同じ構造に組み立てることで、より角質層に馴染みやすくしたコンシダーマル。

スキンローションと書いてあるけれど、ジェル美容液のようなテクスチャーでモロモロが出ません。

コンシダーマルスキンライズローションで赤ちゃん肌へ。使い方と口コミを解説の記事で詳しく書いています。

商品販売ページ
>>うるおい続く深層ケア化粧品【コンシダーマル】

  

ラフラ コンプリートインゲルクリーム”

テクスチャーや形状は似ていますが、クリームタイプのオールインワンはモロモロが出ないです。

こちらは以前使ったことがあるラフラの抗シワ試験済みのオールインワンクリーム。
オレンジ色が元気になれそうなクリームです。

プルっと滑らかなテクスチャーですが、モロモロは全く出ませんでした♪

 

まとめ

オールインワンのモロモロ対策

ジェルの特性上、どうしても出やすいモロモロ。
これさえなかったらなぁと思うほどいい商品も中にはあります。

オールインワンゲルのモロモロを防ぐには、こすらない・適量を守るのが大事。

せっかく自分に合ったオールインワンなので、モロモロが出やすいものは使い方を工夫したりして続けていきたいですね♪